共有したい海外医薬品の治療セミナー

海外医薬品に対する効能・効果などの効き目に対しての持論 - 肉食系にならないためにも

更新情報

2014年10月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

肉食系にならないためにも

肉食系男子や肉食系女子の方が食事をする時はガツガツしていて良い食べっぷりなのです。

最近は草食系男子・肉食系男子が居るのです。

その反対で女子の方も草食系女子・肉食系女子が居るのです。

肉食系男子や肉食系女子の方が食事をする時はガツガツしていて良い食べっぷりなのです。

一方で草食系男子や草食系女子の方は食事をする時は少食なので、あまり食べることが出来ないのです。

これでは全く良い食べっぷりとは言えませんよね。

肉食系男子や肉食系女子の方は何故食事をする時はガツガツしてる上に良い食べっぷりなのかと言いますと子供の時から食へのこだわりが凄かったのだと思います。

そのような人たちは子供の時から食へのこだわりが凄くて食べ物を出されたらペロリと平らげていたかと思いますので、自然と胃袋が大きくなっていたのだと思います。

それが今に繋がっていって食事をする際にガツガツしていて良い食べっぷりになっていったのかと思います。

それが今の私のお母さんと親戚のお姉ちゃんと三重に住んでいるおばちゃんなのです。

一方私や私と一緒に住んでいるお姉ちゃんは子供の頃から食へのこだわりがあまり無かったのです。

食事を出されてもペロリと平らげることが出来なく、ほとんど残していたのです。

それが今に繋がっていって食事をする際に少食になっていったかと思うのです。

私は今が少食なので、食事をする際にガツガツしていて良い食べっぷりをしている私のお母さんたちから女性は良い食べっぷりをする男性が好きだから今から良い食べっぷりになるように練習をしないと彼女も出来ないし、結婚なんて到底無理だと言われたのです。

なので、私は少食から良い食べっぷりになるように練習したのですが、やはり良い食べっぷりになることが出来ないのです。

従って、私は彼女作りや結婚をするのを諦めているのです。

なので、今も変わらず私は少食なのです。

 

献血ができない人がいるってホント?

 

あなたは、献血をしたことがありますか?

献血は16歳~69歳までの方であればできる社会貢献、となっていますが、実際には健康状態が良くないなどの理由から、献血を拒否される人もいます。

また、病気が治癒して現在は健康体であっても、指定された特定疾患にり患した履歴があるだけで献血ができません。

輸血経験のある方もNGです。

これは、むずかしい病気で輸血を受けたときだけではなく、盲腸や腹膜炎など身近な手術の際の輸血でもできないのです。

意外ですよね。

その理由は、未知のウイルスに感染している恐れがあるから、念のために安全性のことを考えて遠慮していただいている、とのこと。

そんなことを言われると実際はウイルスに感染していなくても、「もしかしたら」と心配になりそうですよね。

昔は、輸血後の数年間だけ献血ができないと言われていたようなのですが、輸血のよりHIV感染やその他のウイルスの感染などが発覚した時代から、このあたりの規制が厳しくなり、一度輸血した人は、この先ずっと献血ができない、ということになったそうです。

その他にも、ピアスの穴を開けたり、入れ墨があったり、妊娠中なども献血できないことがあるようです。

またアダルト動画の女優さんや男優さんも献血ができないという噂がありますが、本当のところはどうなのでしょうか。

定期的に献血をして血を抜くと、体内で新しい血が作られるので体の調子も良くなる、と聞きます。

実際に定期的に献血をして血を抜きに行っている、という知人もいます。

献血をすると、パンやジュースをもらえたりとお得なこともありますので、まだしたことのない方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

ただ、普段は健康でも栄養に偏りがあったり、寝不足や風邪気味などで調子が悪い時には事前の検査に通らず、献血ができない場合もあります。

献血をするときは、元気いっぱいのときに。

また持病のある方は、事前に自分が献血できるかどうか、問合せをしてみると確実ですね。

 

副作用が一番怖い!

 

薬やサプリメントでもそうなのですが、何でも副作用というものがあるのです。

この副作用が一番怖いのです。

良くこのサプリメントを飲むだけで簡単に痩せられるというCMがやっているのです。

体型がぽっちゃりの人は、そのCMに騙されてCMで紹介されたサプリメントを購入してしまうのです。

そして、そのサプリメントを飲むと痩せるどころかそのサプリメントの副作用で余計に太ったという人が居るかと思います。

薬でも同じなのです。

私の周囲の人には頭痛持ちの人が居るのです。

その人が、ある病院に行って頭痛薬をもらい、その薬を飲むと余計に頭痛がひどくなったらしいのです。

その人は結局ロキソニンを飲んだらしいのです。

ロキソニンを飲んだ結果頭痛が治まったらしいのです。

ですが、ロキソニンを飲んでもその副作用でもっとひどい症状になっている人も居るのです。

ですから薬やサプリメントの副作用が一番怖いのです。

薬やサプリメントの副作用が起こるという人は、その人の体にはもしかしたら合っていないのかもしれませんね。

このようにダイエット薬やサプリメント・ロキソニンなどを飲む時にはキッチリと成分を確認したいものですね。

そして、その成分が自分に合っていなかったら成分をチェックしながら新しいものを購入すると良いかもしれません。

LINEで送る
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket

Copyright(C)2014 共有したい海外医薬品の治療セミナー All Rights Reserved.